Beauty

脚を閉じるコツ

投稿日:

座った時にしっかり膝と膝をくっつけて座れますか?笑

私は出来ません(笑)

料理する時や、歯磨き、ドライヤーする為に立っている時でも無意識に脚が開いてしまいます。。。

脚を開いているのと閉じているのでは、感じる上品さが全然違うので直したいと思っているのですが、なかなか直りませんでした。これなら私にも出来そう!と思ったコツを紹介します。

脚を開いている背反

脚を開いている背反は思っているより、たくさんあるのです。

  • 見た目が悪い。(ガサツ、だらしない…etc)
  • 腿の内側の筋肉が衰え、たるむ。
  • 腿の外側の筋肉が発達し、脚が太くなる。
  • O脚になる。
  • 座っている時に猫背になりやすい。
  • お尻が横に大きくなる。

恐ろしい…笑

私は骨などは詳しくありませんが、きっと筋肉不足による骨盤が歪む等もあるのかなと思います。

脚を閉じるコツ

これはあくまでも私が思ったコツですが…(笑)

「意識する事が大事」と思ってきましたが

信じられないくらい、意識する事をすぐ忘れてしまうんです(笑)

意識して膝をくっつけて座っていても、何か他の事をすると、もう忘れてしまっているのです。そして、意識をそれに使っていると、他の事に意識を使えません(笑)

だから、

無意識で出来るようにする

これがいいのかなと思いました。(もちろん意識も大事だとは思います。笑)


無意識でやる方法は、よく言われる、

「膝の間に何か物を挟んで落ちない様に保持する」

これをやり始めて気づいたのですが、何か物を取りに立ったり、少し体制をずらしただけで、「意識して閉じる」では、自分が思っているより忘れてしまっています。(私が忘れっぽいのかもしれませんが…笑)

脚を閉じる以外にも、何か身に付けたい事、習慣にしたい事がある場合にも「無意識で出来るようにする」は有効かもしれませんので、ぜひ試してみて下さいね♡

-Beauty

Copyright© 女磨き参考書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。