考え方

怒っていると自分に害

更新日:

嫌な事が起こった時

うちの母が車を停めていた時に、トラックにぶつけられてしまい車が壊れてしまいました。(ケガとかはお互い全くないです)

借りたレンタカーについてるナビが精度が悪いそうで、仕事でナビが必要な母は、私と電話で話している時にものすごく怒っていました。仕事も出来ないし、時間取られるし…と。

ものすごく気持ちはわかります。。。笑

今、私が心に余裕があるからこんな事を思えるのですが、母に「でも、それだけで済んでよかったね。当て逃げされなくてよかったし、逆にお母さんが人をひいたとかじゃなかったからよかったよ。」と言ったら、母の怒りがすっと収まったのです。

人間って捉え方を変えると、嘘の様に感情がすぐに変わります。

 

確かに起こった事は起こらなかった場合と比べたら、車が新品で帰ってくる訳でもないし、時間も取られるし、怒れてしまいます。笑

自分に非がないのに…と思うし、人間だから、感情的になってしまうのもわかります。

 

私もそういう時、全然当たり前の様にあります。

でも気づいたんです。

 

怒っていると、一番、自分に害

だと思うのです。

怒っていると、一番、自分に害

相手に対して、怒っている時、苦労や気持ちを分かってもらいたくて感情をぶつけたくなります。

でも、キレイな女性を妬む女性は、その妬む感情が妬んでいる本人を醜くしていきます。「妬む女性」になっていくのです。

同じ様に、怒っていると、「怒っている人」になってしまうと思うのです。

 

でも、人間だから怒れてしまうのは仕方ないと思います。

 

でも!!笑

怒っていると自分に害。

 

だから、怒れちゃった時はなるべく早く「怒り」の感情から脱出出来る様に、別の捉え方を考えたり、友達に話を聞いてもらったり、何か贅沢をしたり…

いかにその時間を短く出来るか

が、大切だと私は思っています。

※もちろん、私もまだまだ全然出来ない時もあり、修行の身です(笑)

 

良ければ、参考にしてくださいね♡

 

 

 

-考え方

Copyright© 女磨き参考書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。