幸せになる税金の払い方のコツ

何かとついて回る、税金。1月や3月、4月などには住民税や自動車税など、色々な請求があります。給料明細を見ると、その税金の多さにびっくりして嫌になってしまう事もあると思います。

そんな時、「こんなに払うのやだなぁ」と思いながら払うのではなく

感謝しながらお金を払う

これが大切。詳しくは知らないですが、住民税は地域のゴミ収集をしてくれる方の給料だったり、公共の場をより良くする為に使われている。日本という安全で豊かな国に住まわせてもらっている。年金は自分の親の年金につながる…と感謝の気持ちを持つ事が、幸せになるコツじゃないかなって思います。

確かに、ニュースで政治家が不正に税金を使っているという事を聞くと、怒れてしまいます。でも、それだったら選挙や内容をしっかり知り、この人に任せていいと思える人に投票するべき、いい人がいないと思うのであれば、自分が立候補するべき。選挙はめんどくさくて行かなかったり、適当に投票するのに、税金は高いと文句を言うのはきっと感謝の気持ちがないからだと思います。

お金を払う時に「どんな気持ちで払うか」が大切。豊かな気持ちで払う人は豊かに、貧相な気持ちで払う人は貧相になる。

税金を払うとき、その先の働いてくれている人や、自分の今の環境につながっていると、感謝をして払うと幸せになれると私は思います。

ただ、払わなきゃいけないものという認識だと、高いな〜と思って嫌な気持ちになってしまいますが、そのお金が何になっているのか、自分が何に価値を感じて、それにお金を払っているかを認識する事で幸せな気持ちになれるのかなと思います。水道代や電気代だって、それに価値を感じなければ、それを使わずに、それを払わなければいいですもんね。

幸せになる税金の払い方のコツ

感謝してその税金を払う♡

良ければ、ご参考に♡

  • 美容家 happy aura
  • 美容家

    日本化粧品検定2級、1級取得

    高校卒業後、大企業に就職。
    14年勤め、美容家に転身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。